ロゴ
HOME>レビュー>敏感肌のスキンケアで気をつけるべき点をチェック

敏感肌のスキンケアで気をつけるべき点をチェック

女性

敏感肌の場合、肌質に合わないスキンケア用品を使用すると肌に痛みを感じたりすることがあります。ですから、スキンケアを行なう際は肌質に合ったものを選ぶことが良く、購入前にチェックしておくべきポイントを押さえておきましょう。

クチコミ

サンプルやトライアルは必ず使用(20代/女性)

敏感肌で合わない基礎化粧品を使いスキンケアをしてしまうと、肌がヒリヒリしたり痒みが出たりするといった症状が出てしまいます。ですので、新しい基礎化粧品を購入する際は気を使うのですが、今はいきなり現品を買うのではなくサンプルやトライアルセットを試すようにしています。サンプルやトライアルセットでまずは肌に合うか合わないかを確認して、特に問題が無ければ現品を購入するんです。今まで、いきなり現品を購入して使ってみると肌に合わずに捨てるはめになっていましたが、サンプルやトライアルセットを活用すれば、このような失敗は起こりません。自分の肌に合った基礎化粧品を見つけやすいだけでなく、ムダな買い物が減って基礎化粧品代の節約にも繋がっています。

合わない成分はないか事前にチェックします(30代/女性)

スキンケア時に自分の肌に合わない基礎化粧品を使ってしまうと、すぐに肌トラブルを起こしてしまう敏感肌です。今まで多くの基礎化粧品を使っては、自分の肌に合わずに捨ててしまうことが多かったのですが、色々と試した中で自分の肌に合わない成分を見つけ出すことができました。自分の肌に合わないのはエタノールとDPGという成分で、この成分が配合されている基礎化粧品を使うと肌が赤くなり、小さなブツブツが出来てしまいます。他にも、もしかしたら自分の肌に合わない成分があるかもしれませんが、この2つは確実に合わないと分かっているので基礎化粧品を購入する際は事前に確認します。今のところエタノールとDPGさえ避けていれば、スキンケアで肌トラブルを起こすことも無いので安心です。